忍者ブログ
小説と詩のブログ
[363]  [362]  [361]  [360]  [359]  [358]  [357]  [356]  [355]  [354]  [352
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日の夜、私はある悪夢を見た
今思い出すと凄く怖くて、そして吐き気がする



2話:悪夢

夢の世界は私が住んでいる街
私は暗い住宅街の道を走っていった

だが、その時の私の心境はただ走りたくて走ってる訳ではない
誰かを逃げるように走っているのだ

そんな私をついてくるのは白い車に乗ったサングラスの男
そいつは誰なのかも知らない・・・てか知りあいにそんな男は居ない
サングラスの男は私が走ってる速度と同じ速度で車を走っていた
これはまるでストーカー・・・いや、美味そうな鹿を襲おうと付いてくる虎のようなものだ

そんな事をやる人間は大抵頭が逝かれている
美貌な女性を狂気な目つきと頬笑みでその女性を襲いかかろうとしている
だが、そのサングラスの男は何かと無表情だった
ただ私を見ながら、私が走るスピードと同じ速さで車を走らせていた
ある意味、例を挙げた狂気染みた奴よりも怖かった

そんな時、私はある提案を思い浮かべた
この近くにはコンビニがある
そこに助けを求めてコンビニから彼氏に電話する
そこで助け出すというものだった

その案で実行した私は早速近くのコンビニに逃げ出した
そして助けを求め、彼氏から電話した

「どうしよう・・・わたし、狙われてるかも・・・」
「大丈夫だよ、俺が迎えにいくよ」

彼氏は普段は優しい
ちょっと馬鹿な奴だが、それでも彼に対しての飽きは全くなかった
むしろ、これからも一緒に居たいのだ

そして数分後、彼氏が迎えにコンビニに行く所を見た
その間、サングラスの男は来なかった為、安心してコンビニに出ようとした


バタン!!


突然、車のドアを閉める音がした
そしてたった数秒後、私の胸に鋭く熱い感覚がした

私がコンビニに待機している時、サングラスの男は既にコンビニの横に車を止めて、待機していた
そして私が出たのを見た瞬間、車から降り、走っりながらダガーナイフを持ち、それを私の胸に刺した
怯むことなく、男は刺したダガーナイフを胸から腹部まで裂けた
間もなく、裂けた部分から鮮血が吹き出していた
その噴き出した鮮血が男の顔に当たった
だが、それも苦にせずに、私の心臓部分を刺し、ダガーナイフをグリグリと回した

遠い意識の中で見えたのは、顔中鮮血に染まった無表情の男の姿だった・・・



そこで夢から覚めたのであった
夢を見た後の私の体全体は、汗がビッショリと濡れていた
夢だから痛いという感覚はなかったのが、唯一の救いだったのだが、蘇る映像だけでも心が痛かった







そして今日の夜の事だった

-これも夢であれば良いのに・・・-

そう思った事態が起きた
とても信じられなく、とても怖い

昨日の悪夢が、現実にて再現されようとしていた
所謂、正夢って奴だ

走ってる私の後ろで、白い車に乗ったサングラスの男がついてきていた
住宅街の闇に逃げ待とう獲物、そしてそれを狙う捕食者
だが、私にはこれからの結末を知っている
だから少々冷静になって考えた

そして案を浮かんだ直後で行動を移した
まず、コンビニに逃げ込んで、彼氏に電話をする

「どうしよう・・・わたし、狙われてるかも・・・」
「大丈夫だよ、俺が迎えにいくよ」
「うん・・・出来ればコンビニの中まで迎えに来てほしいよ・・・」
「分かった」

そして彼氏の姿を見た私は雑誌の窓の向こうに居る彼氏に手を振った
それに気付いた彼氏はコンビニの中に入っていった

「怖かったよぅ・・・」
「もう安心しろ!俺にはお前を守る義務があるからな!」

・・・在り来たりで臭い言葉だったけど、そう言ってくれるだけでも、私はとても嬉しかった
そして、二人で店の外に出た

そして私は白い車の隣で立っているサングラスの男をチラっと見た
相変わらず無表情であった
だが、何故か襲う気配はなかった

それからも何もなく、コンビニの直ぐにある角を曲がった
男と白い車がコンビニの壁で見えなくなる直前、男は初めて口にした

















































「何だ、夢と違うじゃないか」






2話:悪夢  完
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
悪夢、いや予知夢?

「何だ、夢と違うじゃないか」
これもよく聞く話ですね
この悪夢が現実になり自分が殺される
そう思った主人公はかなり怖い思いをしてると思います
まぁ自分もこんなめにあったら怖い思いをしてますね
夢の時点で
もしこの夢を見なかったらこの人は殺されていたのでしょうが
一体あの男はなんでしょうかね

では
イージス 2009/07/08(Wed)21:09:15 編集
無題
>>イージスさん
感想有難う御座いますー

あの男とは一体何者だったのか・・・
謎に秘めてる事ばかりだから都市伝説はハマるw
ko_n(管理) 2009/07/10(Fri)00:56:42 編集
小説コンテンツ
芸人たちのカフェ
現在連載中【ギャグ中心】

ピアスと全裸シリーズ
全身ピアスだらけの男と全裸男の物語

都市伝説物語
都市伝説を元にして書き上げた小説

短編集
ギャグだったりシリアスだったり

カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
アクセス数
忍者ブログ [PR]