忍者ブログ
小説と詩のブログ
[365]  [364]  [363]  [362]  [361]  [360]  [359]  [358]  [357]  [356]  [355
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

6月2日 わすれもの、ぼくのふでばこ


3話:忘れ物帳



私には小学2年の息子がいました
息子はこれ以上のない元気溢れる子供でした
運動も良くて、勉強もそこそこ出来る子でした
ただ、忘れ物が多いのは唯一の欠点ですが・・・

私は、そんな彼の忘れ物を無くすように忘れ物帳を作ってあげました
息子は喜んでくれて、「もうこれで忘れ物しないね!」とはしゃいでました

それからと言うもの、息子は忘れ物帳を上げた時から全く忘れ物をしなくなりました
「ママー、忘れ物しなくなったよー!」と言ったあの笑顔は今も忘れられません


そんなある日、息子は無理に踏切を渡ろうとして電車に轢かれてしまった
それを聞いた私は目の前が真っ白になった

「え・・・私の・・・息子が・・・?」

嫌な結果にならない事を願い、私は現場に向かった
息子は無事だと信じたい・・・きっと生きてると思った


けど現実は残酷でした・・・
踏切の所に来た私は茫然と突っ立ってた

線路の中心で息子は両足切断され、腕があり得ない折れ方をしていた状態で倒れていた
そして、顔が無かった
息子の辺りには彼の血が溢れていた

私は声にならないぐらいの叫びを上げた
なんで私の息子がこんな目にあったのか・・・
だが、どう訴えても息子は戻ってこなかった・・・
もう、笑顔で私の事を呼んでくれない・・・


この事件のあと、息子の顔を探してたが、結局何処に探しても見つからなかった・・・


そして息子の葬儀わ終えた次の日
私は息子の思い出を浸しみだそうと、息子のランドセルを開けた
ランドセルには、息子の血が残されていた

そして中を探していると、忘れ物帳が出てきた
私は悲しみに暮れながら忘れ物帳を廻った

6月2日 わすれもの、ぼくのふでばこ
6月3日 わすれもの、こくごのノートとさんすうのきょうかしょ

次々巡るたびに日付が飛んで行く
それは忘れ物をしなくなった証拠でもあった
そして事件の日の欄にも息子は何か書いていた

それを読んだ私は唖然とした

















































7月8日 わすれもの、ぼくのあたま

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
7月10日 わすれもの、読解力
ひゃ~
これに似たような話は聞いたことありますが怖い…
というかどうやって書いた息子よww
まぁ幽霊になって怨念で書いたんでしょうね(知るか

都市伝説ははまっているのですがたまにめっちゃ怖いのを見て風呂に行けなかったりww
なのに都市伝説を見るというww




サフィア(元イージス 2009/07/10(Fri)20:35:19 編集
無題
>>サフィアさん
感想有難う御座いますー

自分は怖いと思っても平気に風呂に入っちゃう奴ですからねw
現に怖いホラーゲームをやった後、そのまま風呂に入った時もあっt(ry

都市伝説は嘘があっても結構ハマりますよねw
ko_n(管理) 2009/07/13(Mon)01:06:39 編集
小説コンテンツ
芸人たちのカフェ
現在連載中【ギャグ中心】

ピアスと全裸シリーズ
全身ピアスだらけの男と全裸男の物語

都市伝説物語
都市伝説を元にして書き上げた小説

短編集
ギャグだったりシリアスだったり

カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
アクセス数
忍者ブログ [PR]