忍者ブログ
小説と詩のブログ
[123]  [122]  [121]  [119]  [118]  [117]  [116]  [115]  [114]  [113]  [112
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

此処は未熟な芸人が訪れるカフェ
毎日、芸人の芸をみせては、皆で笑い、盛り上がっていた
勿論、一般の常連者も少なくない
そんなカフェでの物語・・・

ボケッ面な男「ふぅ、やっと着いたよ
          この店はいつも鬼畜だな、此処まで階段200段まであるなんてな・・・ってあれ?キッチは何処に・・・」
キッチ「ハァ・・・ハァ・・・何なんだよこの店、お客様は神様じゃなかったのかよ・・・」
ボケ男「おいおい、遅いぞキッチ
      カフェで疲れるなんて世界でお前だけだぞ
      情けないと思わんのか」
キッチ「このボケが!ガマくんはタフだからいいが、俺はそんなにタフじゃないんんだ!!
     しかも何だよあの段数!!鬼畜にも程があるだろ!!
     こんなんで客が来るわけ・・・」


ざわ・・・・わざ・・・・


キッチ「・・・ええっと、ここの人たちって・・・全員タフか?」
ガマ君「何言ってんだ?こいつ等はエレベーターで此処に来てるぞ?」
キッチ「ちょwwww何でエレベーター乗らないんだよ!!」
ガマ君「だって・・・階段が大好きなんだもん!!!!!」
キッチ「お前・・・殺してもいいか?」


キッチ「さて、半殺しも済んだし何か飲もうか・・・
      んでこの店は何があるんだ?」
ガマ君「いてて・・・・・・何がって・・・メニューは普通だぞ?あ~痛い!」
キッチ「メニューは普通って何だよその「は」は・・・
      この店には何があるのか?」
ガマ君「お前は何も気づかないのか?周りを良く見てみろ」
キッチ「ん?なになに?」


涎垂れた男「ヘヘヘヘッヘヘヘヘヘヘ!!」
目が線なきぐるみ「やぁ、僕ヌプーだよ!!」
マッチョなイケメン「やあ、僕と一緒に底に沈むまで笑わないかい?」
黒い人「あああああああああああ!!イク!!」
紐を持った美女「さぁ、私に殴られたいのはどいつだい?」
兎に角変な人「私ハプー○ンデス!!」

キッチ「・・・何この芸人臭」
ガマ君「ここは俺達見たいな三流芸人が良く来るカフェでもあるんだ
      皆此処で芸をして楽しんでいるんだ」
キッチ「へぇ・・・結構いい店なんだね、階段以外は」
ガマ君「ああ・・・」



キッチ「ってか最後の人どう見ても芸人じゃないよな?www」
ガマ君「し!それは言っちゃいけない事だ!!」
変人「ダレデスカー!私ヲ侮辱スルヤツ!ユルセン!!」
ガマ君「あ~あ、こりゃ核ぶっ掛けてくるな・・・逃げる!!」
キッチ「へ!?」


変人「我ガ武器ヲナメルンジャナーイ!!」
キッチ「え!?ちょっとまて、なんでおしr・・・」


・・・プププウウンッ!!!


そしてキッチは輝かしい★になったとさ☆
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
小説コンテンツ
芸人たちのカフェ
現在連載中【ギャグ中心】

ピアスと全裸シリーズ
全身ピアスだらけの男と全裸男の物語

都市伝説物語
都市伝説を元にして書き上げた小説

短編集
ギャグだったりシリアスだったり

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アクセス数
忍者ブログ [PR]